不動産対象の金融商品|資産価値のある投資マンションは売却するのが良い|高値になる物件

資産価値のある投資マンションは売却するのが良い|高値になる物件

婦人

不動産対象の金融商品

会社

どんな商品なのか

投資家にとっては配当利率を考えると不動産投資というのは魅力がありますが、資金調達が難しいので無理だと考える人もいるでしょう。そんな人にお勧めなのがみんなで大家さんです。少し変わった名前ですが、これは不動産を対象とした金融商品になります。利回りは6〜7パーセントですから不動産投資としてはまあまあかもしれませんが、預貯金や国債などと比べるとかなり良いと言えるでしょう。みんなで大家さんは賃貸不動産の家賃収入を対象としているので、一口大家のようなものです。というのもみんなで大家さんは一口100万円が投資金額ですから、部屋を一室や一棟買うのとは違って小口の投資になります。金額の点ではリスクが低く、特に管理をする必要もありません。

市場に連動しない商品

投資金額が安くて配当利回りが良いのだったらリートを買うという声が聞こえてきそうですが、リートとみんなで大家さんには大きな違いがあります。リートは上場していますから、市場が沸けば上がりますし冷え込めば下がるという市場に連動する商品です。それに対してみんなで大家さんは上場されていませんから、市場の影響を殆ど受けないので、市場連動型の商品を持っている人にとってはリスクヘッジになります。投資は同じような商品を買わない事が重要と言われていますから、投資内容によっては大きなメリットになると言えます。みんなで大家さんに少しでも興味を持ったという人は資料を請求して内容をチェックしたり、評判を調べてみるのがお勧めです。